マクセルグループの事業紹介

価値創造の源泉

これがなければマクセルではない"コア"とはなにか。私たちはそれを「アナログコア技術」と呼んでいます。
「見る」「聴く」「触る」、人の感性はデジタルとアナログの境界を越えた、その先にあります。
そして、私たちはこれらの感性を刺激し無限に表現できるのがアナログの世界であると考えています。
あなたの「未来の中に、いつもいる」ためにマクセルは存在します。

マクセルグループのビジネス

  • セグメント別成長戦略  「統合報告書 2021」 より
  • エネルギーセグメント リチウム一次電池、酸化銀電池、コイン形リチウム二次電池、角型リチウムイオン電池、電池関連製品の製造販売
  • 機能性部材料セグメント 建築・建材用テープ、粘着テープ、インク・フィルム・塗布型セパレーターなどの機能性材料、工業用ゴム製品などの製造販売
  • 光学・システムセグメント 光学部品、電鋳・精密部品、半導体関連組込みシステム、金型・合成樹脂成形品、ICカード、プロジェクター、映像機器などの製造販売
  • ライフソリューションセグメント 健康・理美容機器、小型電気機器、音響・アクセサリー、記録メディア、電池・充電機器、電設工具などの製造販売

マクセルグループのコアコンピタンス

マクセルグループは市場ニーズ・お客様の課題を製品開発の起点にしています。さらに「暮らしの進化を捉え、便利、快適、安心を提供する」というユースケース視点で開発をすることで、多様な技術がつながり、独自性ある製品・サービスを生み出しています。

コーポレートサステナビリティビジョン

マクセルは独創技術のイノベーション追求とその事業活動を通じて、人と社会と自然が豊かに共生した「100年先の地球」に貢献していきます。人々の生活や社会の課題を解決する製品・事業をグローバルに展開し、社会、環境、経済価値を創出し続けるとSDGsの達成に取り組みます。