SDGsへの取り組み

マクセルグループは、「和協一致 仕事に魂を打ち込み 社会に貢献する」
という社是のもと、「強みを活かした社会課題解決への"挑戦"」である
CSV(※1)経営と、「自らが環境・社会に及ぼす影響への"責任"」である
CSR活動の両面から、持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。

  1. CSV Creating Shared Value(共通価値の創造)
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsへの貢献

「SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)」とは、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」において193の国連加盟国により全会一致で採択された2030年までに地球規模で解決すべき17の目標と169のターゲットのことであり、世界各国の政府はこの目標に合意しています。また、SDGsを達成するうえで、全産業の企業は重要なパートナーとして位置付けられ、持続可能な開発目標の解決に向けた積極的な行動が求められています。マクセルグループは提供する製品やサービス、CSR活動を通じて、SDGsの目標達成に貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

強みを活かした
社会課題解決への"挑戦"

グローバルで顕在化しているさまざまに絡み合った社会課題に対して、マクセルグループの強みであるアナログコア技術を発揮し、私たちだからこそ提供できるソリューションを創り出すことで、製品やサービスを通じた社会課題の解決に挑戦しています。

マクセルグループのCSV経営

マクセルグループはサステナビリティ活動をより一層重視し、環境課題、社会課題と事業の紐付けを強固にするために専任部署を20年度に設置しました。世の中の急速な変化に対して柔軟な対応が求められております。
22年度からコーポレートコミュニケーションを強化する体制として、社会の変化への様々な対応とマクセルグループの事業活動への落とし込みについて情報開示を推進してまいります。

CASE01

いつまでも・どこでも・安心安全な電池を

エナジー事業本部

全固体電池

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
全固体電池
提供価値

現行のリチウムイオン電池は電解液を用いているため、安全性や寿命および耐熱性に懸念があります。

マクセルは、古くからのパートナー企業と共同開発することで高性能な無機系固体電解質の導入に成功しました。

安全性、耐熱性、長寿命など、現行のリチウムイオン電池の課題を解決できる全固体電池により、廃棄物削減や各産業分野での労働力減少へのサポート(メンテナンス工数削減)を行います。

全固体電池
CASE02

「いつまでも」「どこでも」「安全に」

エナジー事業本部

ガルバニ電池式鉛フリー酸素センサ

  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう
ガルバニ電池式鉛フリー酸素センサ
「2020年“超”モノづくり部品大賞」(主催:モノづくり日本会議、日刊工業新聞社)にて「健康福祉・バイオ・医療機器 部門賞」を受賞しました。
提供価値

欧州RoHS指令対象物質の“鉛”は、有害化学物質ですが、代替技術が確立されていなかった酸素センサの“鉛”は適用除外であり、世界中で使用されています。 “鉛”に代わる負極とその負極に適した弱酸性電解液を自社開発したことによってCO2や他の酸性ガスの影響を受けにくい、長寿命のガルバニ電池式 鉛フリー※酸素センサを製品化しました。負極として “鉛”を使わない※ことによって、土壌汚染や海洋汚染、人体への影響などのリスクを低減させていきます。
製品を構成する各部品(均一物質中)に含まれる鉛が0.1wt%以下を意味しています。

ガルバニ電池式鉛フリー酸素センサ
CASE03

人々の生活の質の向上をサポートする

機能性部材料事業本部

防水・気密テープ(ブチルテープ)

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
防水・気密テープ(ブチルテープ)
提供価値

建物の漏水やカビの発生、金属部の錆発生および壁・天井材の劣化を抑えることで、廃棄物を削減したり、建物の屋内外に通じる配管周りなど、住宅部材の間にできる隙間を埋めることで、空調の効率改善に役立ちます。 東南アジア地域における、防水シート工法を使用した住宅の施工推進や、北米における、気密部材の適用推進に取り組んでいます。 北米における、気密部材の適用推進に取り組んでいます。 防水シート工法や気密部材を広めていくことで、その地域の居住空間の改善に加え、現地業者の技術向上と環境への配慮を図っていきます。

防水・気密テープ(ブチルテープ)
CASE04

人々の生活に安全、安心を届ける

ライフソリューション事業本部

オゾン除菌消臭器

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
オゾン除菌消臭器
提供価値

衛生意識の高まりにより、菌やウイルス、ニオイを取り除くことができる商品のニーズが増えています。

オゾンは、菌やウイルス、ニオイの元を分解して酸素に戻る特性を持っています。このオゾンの特性を活かした除菌消臭器「オゾネオシリーズ」は、ホテルの客室や病院の診察室などさまざまな場所で使用されています。

今後も顧客のニーズに沿った商品開発及びラインアップの拡充を図り、快適な生活をサポートしていきます。

オゾン除菌消臭器

マクセルグループのCSR活動

マクセルグループは、事業を通じた社会課題の解決に加え、地域社会の一員として地域に根ざした活動を展開することが良き企業市民としての責務であると考えています。 より良い社会を実現するため、さまざまな社会貢献活動を積極的に推進しています。

植林活動

植林活動 支援 Green Stencil Program

マクセルグループの地球温暖化対策の活動は、工場省エネや再生可能エネルギーの導入等の活動を継続的に行っていますが、その他の取り組みとして植林活動支援について紹介いたします。
樹木は大気中の二酸化炭素を吸収し体内に炭素を蓄積することから、植林はCO2削減に有効な手段であります。
マクセルが有する精密微細加工技術で開発・製造した電鋳製品の売上の一部を寄付してカラマツの植林を実施しています。カラマツは30年間で約250キログラムのCO2削減に貢献します。本プログラムの名称を当社で「Green Stencil Program」と命名して継続して推進しています。

Green Stencil Program

地域社会と共に

With Local Communities and Society.

マクセルグループは、社会の一員であることを深く認識し、公正かつ透明な企業行動に徹するとともに、環境との調和、積極的な社会貢献活動を通じ、良識ある市民として真に豊かな社会の実現に尽力することを基本理念としています。世界に拠点を持つマクセルグループが社会と共存共栄するため、「環境保全」「次世代教育」「地域共生」の3つの柱のもと、社員が主体となり、社会貢献活動を行っています。

環境保全

Environmental preservation.

京都府大山崎町が地下水資源の保全を目的として展開する竹林の整備への参加や、琵琶湖を戻す会が主催する「琵琶湖外来魚駆除の日」(滋賀県後援)での外来魚を駆除し、在来魚の保護に取り組むなど、地域の環境保全に向けた活動を実施しています。
また各事業所では事業所周辺での清掃活動を行っています。特に最近は海洋プラスチックプラスチック問題に対しての貢献をしていく為に「World Cleanup Day 」「海ごみゼロウイーク」の期間中に海岸にてごみ清掃活動も行っています。

次世代教育

Next-generation education.

次世代に向けた教育支援活動を行っています。
「電池教室」は、子どもたちが「世界に一つだけの手作り乾電池づくり」を体験しています。企業関係者、教育委員会関係者、学校関係者が連携した小中学生向けの科学技術・ものづくり推進のプログラムとして2006年度からスタートしましたが、現在ではいろんな処で参画しています。子どもたちへ科学に対する興味や関心を高める活動としてはこのほかにも、ゲー ムや実験を通して科学や数理を学ぶ「ダヴィンチマスターズ」や「夏休み 宿題・自由研究大作戦」等を行っています。  また職場体験学習を実施しています。子どもたちが直接働く人と接して知識や技術・技能に触れる。このことを通じて、自らの将来について考える機会になることを期待しています。
マクセルグ ループはこれからも次世代教育支援を行っていきます。

地域共生

Coexistence with communities.

自然災害が毎年発生をしており、多くの被災者が不便な生活を余儀なくされる状況が多くなっております。
そのような時に、少しでも被災者にお役に立てるようにマクセル製品を通じた支援活動を行っております。以下はその事例であります。
・2019年8月九州北部豪雨:大作商事(株)、九州大学アメリカンフットボール部と共同で支援活動を行いました。
首掛け式扇風機に使用する単3形乾電池や、避難所での簡易ベッド組み立て用の粘着テープを寄付しました。
・新型コロナウイルス感染症:中国武漢市の病院11施設に対し、Maxell( Shanghai) Trading Co.,Ltd.はオゾン除菌消臭器寄付しました。
・2018年7月西日本豪雨:野口健事務所およ び大作商事(株)と共同で 支援活動を行いました。首 掛け式扇風機に使用する単3形乾電池や避難所での簡易ベッド組み立て用の粘着テープを寄付しました。 (「ひと涼みアワード2018 熱中症ケア部門 最優秀賞」「同アワード2018年トップランナー賞(企業・民間団体部門)」受賞)
・2017年8月ハリケーン「Harvey」:テキサス州に長期間の豪雨や洪水を引き起こし、数万人が避難する甚大な被害を及ぼしました。
MCAでは、救援組織と協調するニュージャージー州の警察を通じて、被災地へ衣類や食料品、数百パックのバッテリーなどの物資を寄付し、支援を行いました。

自らが環境・社会に及ぼす影響への"責任"

マクセルグループでは、社会から信頼され、共感を得られる企業であり続けるため、果たすべき使命と役割を示した「マクセルグループ企業行動基準」や、具体的な行動方針を表した「CSR活動取り組み方針」のもと、CSRに配慮した事業活動を推進しています。

マクセルグループCSR活動取り組み方針

  1. 企業活動としての社会的責任の自覚
    マクセルグループ全役員および全従業員は、企業の社会的責任(CSR)が企業活動そのものであることを自覚し、社会および事業の持続的発展を図るべく、本取り組み方針に基づいて、社会的責任を果たしていきます。
  2. 事業活動を通じた社会への貢献
    優れた研究・技術開発を基盤とした事業活動によって、安全かつ良質な製品・サービスをお客様に提供するとともに、豊かで活力ある会社の構築に貢献します。
  3. 情報開示とコミュニケーション
    マクセルグループを取り巻く多様なステークホルダーとの信頼関係を維持・発展させるため、公正で透明性の高い情報開示を行うとともに、さまざまなコミュニケーションを通じてステークホルダーへの責任ある対応を行います。
  4. 企業倫理と人権の尊重
    文化や道徳観、倫理や法体系等が多様であるグローバルな事業環境において、公正で誠実な事業活動を行うとともに、人権の尊重および高い企業倫理に基づいた行動を取ります。
  5. 環境保全活動の推進
    環境と調和した持続可能な社会の実現に向けて、環境に与える負荷を低減し、限りある資源の有効活用を行います。
  6. 社会貢献活動の推進
    良き企業市民として、より良い社会を実現するため、社会貢献活動を積極的に推進いたします。
  7. 働きやすい職場作り
    全ての従業員にとって、働きやすい、やりがいのある職場作りに努めるとともに、仕事を通じた自己実現や自己成長を図ることのできる意欲ある従業員を積極的に支援します。
  8. ビジネスパートナーとの社会的責任意識の共有化
    全てのお取引先様に協力を求めて、社会的責任意識を共有し、公正かつ健全な事業活動の推進に努めます。