マクセルグループ ソーシャルメディアについて

当社のソーシャルメディアは以下の「ソーシャルメディアガイドライン」に基づいて運営します。

基本ポリシー

 ソーシャルメディアの利用においては 「マクセル行動規範」 を遵守し、「基本と正道」に則った、企業倫理と法令遵守に根ざした活動を行います。

当社の運営アカウント

 当社が日本国内で運営するソーシャルメディアアカウントは、以下の通りです。

 この他、世界各地の販売会社が運用するSNSアカウントも海外に存在します。 当社でも定期的に調査していますが、SNSにおける企業公式の偽アカウント/なりすまし等には十分にご注意ください。

ソーシャルメディアへの心構え

 ソーシャルメディアに情報を発信することに対する当社の責任やその影響を十分に認識し、以下のことに留意した上でソーシャルメディアを利用します。

  • 国内外関連法規の遵守はもちろん、正しい企業倫理に基づいた行動と、公正、透明、自由な競争を基本として、社会の一員として適切に活動します。
  • 社会が必要としている情報について、幅広いステークホルダーとの対話プロセスを大切にし、多様な意見やネガティブ情報にも耳を傾け、真摯にかつ主体的に対応するなど、社会との双方向のコミュニケーションを促進します。
  • 情報の収集を行う場合は、正当な手段を用いて公正かつ適切に行うとともに、お客さまの機密情報、個人情報などの機密保持に努めます。
  • 一度発信した情報は、不特定多数の利用者に拡散し完全に削除することができない可能性があることを理解し、誤解を招かない情報発信に努めます。

ソーシャルメディアの利用目的

 マクセルでは、お客さまおよびソーシャルメディアをご利用の皆さまに対して、当社およびグループ会社の「今」をお伝えすること、より良い関係を築いていくことを目的に、各種ソーシャルメディアを利用したプロモーションやコミュニケーション活動、告知、広報活動等を行います。

ソーシャルメディアをお読みになる皆さまへ

 マクセルがソーシャルメディアで発信する情報は、即時性や適時性を重視して行っているため、必ずしも当社の公式発表や見解を表すものではありませんので、あらかじめご了承ください。正式発表や見解については、当社Webサイトおよびニュースリリース等をご確認ください。

投稿を削除/非表示とする場合

 マクセルの各種ソーシャルメディアアカウントに対して、下記削除事項に該当すると当社が判断した場合、該当する投稿を削除や非表示にすることがあります。予めご了承ください。

  • 宗教や思想に関わる書き込み
  • 他人の権利(著作権/商標権/肖像権等)やプライバシーを侵害するような書き込み
  • 他ユーザーが不快に感じる書き込み(差別的な表現、卑猥/暴力的/残虐な表現など)
  • 誹謗中傷や風評被害を招く可能性がある書き込み、公序良俗に反するような書き込み
  • 自分や第三者のための宣伝/営利目的/勧誘目的/アフィリエイトのURLや書き込み
  • 他人の名を語っての書き込み、「なりすまし」行為と判断される書き込み
  • 運営の妨害行為、または他人に迷惑をかける行為や無関係な書き込み
  • 有害なコンピュータープログラム等を投稿または送信する行為
  • 各種ソーシャルメディアの利用規約に反していると判断される内容

プライバシーポリシー

キャンペーン等の企画において、お客様から個人情報を取得する場合には、マクセルグループの個人情報保護方針に基づいて、適切に管理し保護に努めます。

◆個人情報保護に関して
https://www.maxell.co.jp/privacy_policy.html

以上

マクセル株式会社
経営戦略本部