当社は、社外取締役を選任し、取締役会において独立かつ客観的な立場から意見を述べることにより、経営の監督体制を確保しています。

社外取締役の選任理由
氏名選任理由
ブライアン・K・ヘイウッド グローバルな投資ファンドのCEOとして、数多くの日本企業への投資実績及び事業再生・育成支援の経験を有していることから、当社の事業構造改革及び企業価値の向上に貢献することを期待したため。
村瀬 幸子 企業法務を中心とした弁護士としての豊富な経験・専門性があり、上場企業の社外役員経験もあることから、当社のコーポレートガバナンスの強化及び企業価値の向上に貢献することを期待したため。
泉 龍彦 自動車関連事業における豊富な経営経験があり、また事業ポートフォリオ変革・経営改革の経験も有することから、当社の成長戦略、コーポレートガバナンスの推進及び企業価値の向上に寄与することを期待したため。
渡邊 史信 上場企業における経営経験及びグローバルな識見・経験が豊富であることから、当社のグループガバナンスの推進及び企業価値の向上に寄与することを期待したため。
  1. 1.当社と社外取締役 ブライアン・K・ヘイウッド、村瀬 幸子、泉 龍彦及び渡邊 史信の4氏は、会社法第427条第1項の規定に基づき同法第425条第1項に定める最低責任限度額を限度額とする責任限定契約を締結しています。
  2. 2.当社は、社外取締役 村瀬 幸子、泉 龍彦及び渡邊 史信の3氏を、株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ています。
社外取締役の活動状況(2019年4月1日~2020年3月31日)
氏名活動状況
泉 龍彦 ・取締役会出席状況 19回中19回出席
・取締役会における発言状況:経営全般に関する専門的見地から適宜発言を行っています。
北尾 渉 ・取締役会出席状況 19回中19回出席
・監査等委員会出席状況 18回中18回出席
・取締役会及び監査等委員会における発言状況:経営全般に関する専門的見地から適宜発言を行っています。
渡邊 史信 ・取締役会出席状況 19回中19回出席
・監査等委員会出席状況 18回中18回出席
・取締役会及び監査等委員会における発言状況:経営全般に関する専門的見地から適宜発言を行っています。
取締役の報酬等の総額(2019年度)
区分支給人員報酬等の額(百万円)
取締役(監査等委員である取締役を除く。)
(うち社外取締役)
7名
(1名)
184
(8)
監査等委員である取締役
(うち社外取締役)
3名
(2名)
38
(18)

 当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等は、基本報酬及び業績連動型報酬で構成し、監査等委員である取締役の報酬等は、基本報酬で構成しています。

  1. 1.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額には、2020年度に係る取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。) 5名に対する役員賞与として2020年6月に支給される見込みの額49百万円が含まれております。
  2. 2.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の支給人員には、2019年3月28日付で辞任した取締役1名が含まれております。
  3. 3.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額には、2020年度に計上した業績連動型の株式報酬の費用6百万円が含まれております。

社外取締役鼎談

マクセルグループの持続的成長に向けた課題や期待について、3名の社外取締役にお集まりいただき、考えを語っていただきました。(2019年7月実施) 統合報告書2019より