マクセルグループでは、CSR活動を体系的かつ継続的に行うため、1983年、当社グループの果たすべき使命と役割を示した「マクセルグループ企業行動基準」を定め、具体的な行動を行動指針として明確にしました。
企業が社会の一員であることを深く意識し、公正かつ透明な企業活動に徹するとともに、環境との調和、積極的な社会貢献活動を通じ、良識ある市民として真に豊かな社会の実現に尽力することとしています。
この考え方のもと2005年4月には「マクセルグループCSR活動取り組み方針」を新たに策定し、マクセルグループ全役員及び全従業員は、企業の社会的責任(CSR)が企業活動そのものであることを自覚し、社会及び事業の持続的発展を図るべく行動しています。

弊社のCSR活動推進のためには、事業活動を共同で行って頂いているお取引先様とも「社会的責任」の意識を共有していただくことが必要であり、ともに取り組んで頂く事がサプライチェーン全体の相互繁栄を実現することに繋がるものと考えます。

お取引先様との相互理解をより深め、貴社のCSR活動の参考となるべく、2018年に「マクセルグループサプライチェーンCSR調達ガイドライン」を作成しましたが、企業に対するCSRの要請は日々変化しており、これに対応すべく、SDGs への貢献を基軸とした本ガイドラインに改定を行いました。すでにお取引先様にはCSR活動の推進をお願いしておりますが、CSR活動へのなお一層のご理解とご協力をお願いします。

2020年3月
マクセルホールディングス株式会社
調達SCM戦略部

【リンク】
マクセルグループサプライチェーンCSR調達ガイドライン(2020年1月 最新版)