貢献するSDGs

マクセルグループでは、国内外の株主・投資家の皆様とのコミュニケーションを大切にしたIR(インベスター・リレーションズ)活動を強化しています。 経営方針や事業戦略、財務・非財務に関する情報などを適時、適切に開示することにより、マクセルグループに対する理解を深めていただき、建設的な対話を重ね、長期的な信頼関係の構築をめざしています。 また、株主・投資家の皆様の保護や健全な株式市場の形成に貢献するため、インサイダー取引の防止に努めています。

株主総会

IR基本方針

 マクセルグループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、株主・投資家の皆様との対話に関する基本方針を定めています。またIR 担当部門としてブランド戦略・広報IR 部を設置し、他の関連部門との有機的な連携のもと、株主・投資家の皆様や株式市場関係者との建設的な対話の促進と企業価値・ブランド価値の向上を図っています。

株主・投資家への情報発信

説明会・ミーティングを通じた直接対話

 マクセルグループは、株主・投資家の皆様向けの各種IRイベントの開催などIR 活動に積極的に取り組んでいます。四半期ごとの決算説明会に加え、事業紹介・工場見学等のスモールミーティング、証券会社主催のIRカンファレンスや個人投資家向け事業説明会への参加、また経営陣及びIR 部門による国内外の機関投資家・アナリストとの面談を随時行い、建設的な対話の充実に努めています。

各種IRツールによる情報発信

 マクセルグループは、事業報告書や統合報告書、決算説明会資料など各種IRツールを通じて、株主・投資家の皆様とのコミュニケーションに積極的に取り組んでいます。また、フェアディスクロージャーに配慮し、常に新しい情報をお届けするとともに国内外での情報に差が生じないよう、これらIRツールや決算短信などに加えて、経営上の重要な決定事項の開示資料(和文・英文)を当社と東京証券取引所のWebサイトにタイムリーに公開しています。
 株主・投資家の皆様の中長期的な視点による関心事項なども踏まえ、これらの情報発信をさらに強化していきます。

株主・投資家の意見の経営への反映

株主・投資家の意見を反映する仕組み

 対話により把握した株主・投資家の皆様の意見、関心事や懸念などについては、その内容に応じて当社の経営陣にタイムリーに報告しています。また、市場や技術の動向など、当社の事業に関連する情報については、適宜グループ内関連部門にフィードバックし、事業活動に役立てています。
 また、2018年度の新たな取り組みとして、経営陣に加え管理職も対象とした「IR 勉強会」(2018年11月~2019年1月、計4回開催)を実施しました。証券会社や銀行のアナリスト・アドバイザー、機関投資家を講師としてお招きし、マクセルグループを取り巻く事業環境や進むべき方向性、SDGs/ESG も含めた資本市場における最新動向など、幅広いテーマで講演いただきました。このような取り組みも踏まえ、当社に対する資本市場からの見方や期待などを把握し、事業戦略や資本政策を推進しています。

株主への利益還元

 マクセルグループは、株主の皆様への還元、足元の短期的な投資、中長期的な事業展開を見据えた成長投資の3つをバランスよく実施することを利益配分の基本方針としています。株主の皆様への直接の還元は、継続的で安定的な配当の実施を基本方針としており、普通配当についてはおおむね30%から40%の配当性向を維持し、中間と期末の年2回の配当を行っています。
 なお、2019年度においては、普通配当に加えて2019年6月30日を基準日とする1株当たり250円の特別配当を行っています。
 また、株主還元の強化を目的として、配当に加えて自己株式の取得(上限50億円)を行っており、2019年度合計で約201億円の株主還元策を行う予定としています。

事業戦略と資本政策の一体推進

 収益力の強化を柱とした事業戦略と株主還元の強化による資本構成の最適化を柱とした資本政策を一体で推進することにより、企業価値の最大化をめざしています。
 事業戦略においては「自動車」「住生活・インフラ」「健康・理美容」の成長3分野にさらに大きな成長の機会があると考えています。足元の投資と成長投資による効果を実現し、収益力の高い事業ポートフォリオを構築するとともに、株主還元の強化も含めた資本政策を推進することで、株主の皆様の期待にお応えしていきます。

インサイダー取引防止の徹底

 マクセルグループは、株主・投資家の皆様の保護と健全な株式市場の形成に貢献するため、当社グループの役員及び従業員などによるインサイダー情報の管理とインサイダー取引の防止に関する規則を定め、インサイダー取引を未然に防止することを徹底しています。