先輩社員インタビュー「私たちの挑戦」(スリオンテック事業本部)

知識ゼロから一歩ずつ前へ

所属部署
スリオンテック事業本部 SL事業部
設計開発部 (2015年度 入社)

卒業学科
応用バイオ科学科 応用バイオ科学専攻

粘着テープを主に取り扱う部門で、新製品開発を担当しています。開発と言っても、製品化・実用化においては、ただ作るだけでなく、それが使えるモノなのか・売れるモノなのかという評価(テスト)を行う必要があります。評価方法についての基本的な流れはありますが、目的や用途に合わせて、自分の頭で考え、設計しなくてはなりません。まだ先輩等周囲からサポートされている状態ではありますが、自立へ向け自分なりにチャレンジをしていて、少しずつではありますが、成長している実感があることを非常に嬉しく思います。

実際に、製造現場の機械を使って試作品を作る機会が1年目と2年目にあり、1年目のときはほぼ先輩にやってもらっていたことが、2年目は、より主体的・積極的に動け、現場に貢献できたと感じています。

大切にしている価値観

現在入社3年目ですが後輩の指導にあたる機会も与えられています。自分の仕事で手一杯になるときもありますが、先輩が私にしてくれたようにサポートできるよう意識しています。後輩に接するにあたり、私は「自分なりのプラスα」を付け加えられるよう心がけています。最低限、間違ったことは教えてはいけないし、私が上司から教わったことは後輩にも教えるとともに、日々業務する中で私が良いと思ったこと、コツのようなものがあれば、それはプラスαで伝えていくようにしています。

業務を行うには多様な知識・経験が必要になりますが、上司と比べるとまだまだ私は未熟だと感じています。今後も教えてもらったこと、学んだことを一つずつコツコツと吸収して自分自身も成長していきたいと考えています。

学生時代・入社のきっかけ

大学の就職課の方から「マクセルって会社があるけど、どう?」と紹介されたのが、マクセルとの出会いでした。

学生時代はバイオ科学を専攻しており、粘着テープのことについても、マクセルについても、最初は全く何も知らない状態でした。調べていくうちに、マクセルの粘着テープは、布テープだけでなく、機械の部品と部品を貼り合せていたり、生活の中のさまざまな場面に活用されており、社会に貢献していることがわかり、興味を持ち、入社することに決めました。

今後に向けて・学生の皆さんへのメッセージ

多様な製品群の中に早く自分の新製品が仲間入りできるように、社会の皆様のもとへ自分が開発した商品が届くように、日々挑戦を積み重ねて、一歩ずつステップアップしていきたいと考えています。

マクセルはさまざまな商品をお届けすることで社外に対する貢献を行っていますが、社員に対する福利厚生の充実や、風土も整っている非常に優しい会社だと感じています。このようなマクセルで私と一緒に成長していきましょう。