パネルディスカッションの様子

マクセルでは"誰もが働きやすい企業・職場"をめざして、さまざまなダイバーシティ推進施策を展開しています。

例えば「子育て支援」として、男女ともに通算2年間取得できる「育児休暇制度」や、復職後も子育てをしながら働きやすい「在宅勤務」「フレックス勤務」「短時間勤務」「時間単位年休」等の制度を整備し、仕事と家庭の両立を支援しています。その取組みの結果、男性の育児休暇や在宅勤務制度の利用者も少しずつ増えてきており、育児休暇制度利用者の復職率は男女ともに100%を達成しています。短時間勤務を利用しながら管理職になった女性もおり、より一層働きやすい会社制度の充実を図っていきます。

また、経営戦略としてトップからのメッセージ発信を行うとともに「M-Wingプロジェクト」を立上げ、社員自らもワークライフバランス実現に向けた組織風土作りを積極的に進めています。このプロジェクトでは、管理職向けのワークショップや女性管理職のパネルディスカッション開催などの取組みを通じて、ダイバーシティをボトムアップで推進しています。