トップページ >  ニュースリリース >  ニュースリリース 2011 >  テレビで録画したコンテンツをネットワークで共有、カセットHDD「iV」に残せるネットワークレコーディングHDD「Family Max (ファミリーマックス)」を新発売

テレビで録画したコンテンツをネットワークで共有、
カセットHDD「iV」に残せるネットワークレコーディングHDD
「Family Max (ファミリーマックス)」を新発売

2011年12月26日

「ファミリーマックス」製品画像

 日立マクセル株式会社(取締役社長:千歳 喜弘、以下マクセル)は、DLNA対応機器*1で録画したテレビ番組をネットワーク経由で内蔵HDDに保存、カセットHDD「iV(アイヴィ)」にムーブできるネットワークレコーディングHDD「Family Max(ファミリーマックス)」(VDR-NAS-1TB)を2012年1月10日より発売します。

  • 録画対応テレビとネットワーク接続し、内蔵HDD(1.0TB)に録画番組のバックアップ・共有ができる。
  • 内蔵HDDからiVDRに録画コンテンツをダビング・ムーブすることで、ジャンル別のライブラリー化が可能。
  • 「スカパー!HD録画」対応で、各種専門チャンネルを内蔵HDDやiVDRに録画*2できる。
  • DLNA対応のブルーレイレコーダーにムーブすることで、ブルーレイディスクにも残せる。

 ネットワークレコーディングHDD「Family Max」は、DLNA対応で、1.0TBのHDDを内蔵したNAS(Network Attached Storage)*3であり、録画した番組のサーバーとして利用できます。
 東芝ハイビジョン液晶テレビ「レグザ」や日立ハイビジョンプラズマ/液晶テレビ「Wooo」などの録画対応テレビの内蔵HDDやUSB外付けHDDに保存した番組は、録画したテレビ以外では再生できませんが、ネットワークダビング機能を使って「Family Max」にダビング・ムーブすれば他のテレビ*4でも共有・再生が可能です。「Family Max」を活用することで、テレビ側の内蔵HDDの空き容量を増やすこともできます。
 また、カセットHDD「iV」のスロットを搭載しており、ダビング・ムーブした番組をジャンルごとにiVDRでライブラリー化したり、iVDRに保存することでネットワークに接続していないテレビ*5で番組を再生することも可能です。
 さらに、スカパー!HD対応チューナーとのLANケーブル接続による「スカパー!HD録画」*2に対応しています。スカパー!HDの番組を内蔵HDDに録画し、カセットHDD「iV」に録り分けて保存することで、各種専門チャンネルのライブラリー化も可能になります。
 マクセルは今後とも録画した番組の楽しみ方を広げることができる商品のラインアップ拡充を図っていきます。

  • *1 DLNA(Digital Living Network Alliance)はテレビやパソコンなどのメーカーにより結成された業界団体です。各社の製品がネットワーク上で容易に相互接続できるようにするためのガイドライン(業界標準)づくりをめざしています。DTCP-IPに対応している必要があります。
  • *2 「スカパー!HD録画」は、スカパー!HDサービスをデジタル録画できる録画方法です。「スカパー!HD録画」に対応したチューナーと録画機器をLAN接続することで、ハイビジョン番組をハイビジョン画質のまま録画できます。標準画質番組は標準画質での録画となります。
  • *3 コンピューターネットワークに直接接続して使用するファイルサーバーです。
  • *4 DLNA対応のテレビが必要です。
  • *5 再生にはiVDR対応のテレビ/レコーダー/プレーヤーが必要です。
  • 「スカパー!HD録画」ロゴは、スカパーJSAT株式会社の商標です。
  • 「レグザ」は株式会社東芝の登録商標です。
  • 「Wooo」は株式会社日立製作所の登録商標です。
  • iVDRおよびiVDRロゴは、iVDRコンソーシアムの登録商標です。
  • カセットHDD「iV」は付属していません。

製品情報

型番 品種 発売日 価格
VDR-NAS-1TB ネットワークレコーディングHDD 1月10日 オープンプライス

主な特長

  1. 録画対応テレビ*4で内蔵/外付けHDDに保存した録画番組のネットワークダビングに対応
    東芝ハイビジョン液晶テレビ「レグザ」や日立ハイビジョンプラズマ/液晶テレビ「Wooo」など録画対応テレビ*4とのDLNA接続によるネットワークダビング機能に対応しています。テレビの内蔵HDDやUSB外付けHDDに保存した番組は、録画したテレビ以外では再生できませんが、DLNAのネットワークを通じて「Family Max」にダビング・ムーブすれば他のテレビ*4でも共有・再生が可能です。
  2. カセットHDD「iV」にダビング・ムーブして録画したテレビ番組をライブラリー化
    カセットHDD「iV」スロット搭載で、ハイビジョンコンテンツのライブラリー化に便利です。iVDRに対応した機器であれば、ネットワーク接続していないテレビ*5でも録画した番組を見ることができます。
  3. 「スカパー!HD録画」*2に対応
    スカパー!HD対応チューナーと「Family Max」を付属のLANケーブルでつなげば、スカパー!HDの豊富なハイビジョン番組の録画が可能です。スカパー!HDの番組を録画し、カセットHDD「iV」にダビング・ムーブすれば、各種専門チャンネルのライブラリーを作ることもできます。
  4. DLNA対応ブルーレイレコーダーへのムーブにも対応
    東芝製ブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」やパナソニック製ブルーレイレコーダー「ディーガ」へ「Family Max」に保存した番組をムーブできます。残したいお気に入りの番組をDVDやブルーレイディスクに保存することも可能です。

ファミリーマックスの使用イメージ

  • 上記は使用例です。別途ブロードバンドルーターなどが必要です。
  • *2 「スカパー!HD録画」は、スカパー!HDサービスをデジタル録画できる録画方法です。「スカパー!HD録画」に対応したチューナーと録画機器をLAN接続することで、ハイビジョン番組をハイビジョン画質のまま録画できます。標準画質番組は標準画質での録画となります。
  • *4 DLNA対応のテレビが必要です。
  • *5 再生にはiVDR対応のテレビ/レコーダー/プレーヤーが必要です。
  • 「スカパー!HD録画」ロゴは、スカパーJSAT株式会社の商標です。
  • 「レグザ」は株式会社東芝の登録商標です。
  • 「Wooo」は株式会社日立製作所の登録商標です。
  • 「ディーガ」はパナソニック株式会社の登録商標です。
  • iVDRおよびiVDRロゴは、iVDRコンソーシアムの登録商標です。
  • カセットHDD「iV」は付属していません。

製品仕様


品名 ネットワークレコーディングHDD「Family Max(ファミリーマックス)」
型番 VDR-NAS-1TB
内蔵HDD容量 1.0TB
iVスロット 対応メディアiVDR-S
ネットワーク ファイルサーバー機能:DLNA Server機能、Windowsファイルサービス(Samba)
対応規格:DLNA1.5、DTCP-IP1.2
IPアドレス設定:自動取得(DHCPクライアント機能)、手動設定
インタフェース LAN接続端子(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
USB端子
電源仕様 DC12V/1.7A(TYP)(専用ACアダプタより供給)
外形寸法 幅260mm ×奥行240mm × 高さ45.1mm (ゴム足部含む)
質量 約2.2kg(本体のみ)
付属品 LANケーブル…1本(約1.0m)
専用ACアダプタ…1個
専用ACケーブル…1本
取扱説明書(保証書付き)…1冊

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。 現在発売されている商品に関しては、弊社ウェブサイトをご覧いただくか、こちらからお問い合わせください。

このニュースリリースに関するお問い合わせ

このニュースリリースに対するお問い合わせはこちら

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無償)