マクセルグループのCSR活動は、「倫理順守・リスク管理」「品質管理」「顧客満足(CS)の向上」「環境配慮」「安全衛生」「職場環境の向上」に大きく区分することができます。2005年度に定めた「マクセルグループCSR活動取り組み方針」に従って活動の分野ごとに体制整備や制度化を進め、すべての従業員が日々の業務の中で積極的にCSR活動を推進するよう努めています。

活動推進項目と取り組み内容

活動分野別の取り組み内容の具体例

  • 顧客満足(CS)
    • CS推進啓発活動
    • コールセンターシステム
    • CSキャンペーン
    • CS講座 等
  • 環境
    • 環境適合製品の拡大
    • 環境CSR対応モノづくりシステム
    • ISO14001
    • グリーン調達システム(A Gree' Net) 等
  • 安全衛生
    • OSHMS※1の取り組み
    • 安全衛生委員会
    • 定期健康診断
    • メンタルヘルス相談窓口 等
  • 職場環境
    • 障がい者・高齢者雇用制度
    • 仕事と育児の両立支援制度
    • 社内表彰制度
    • セクハラ・パワハラヘルプライン・相談窓口
    • 各種人事制度
    • 組織健康度診断 等
  • 品質
    • 製品安全の徹底
    • 新JISマークへの対応
    • 落穂拾い(製品事故の再発防止活動)
    • QF(品質第一)重点管理事業所
    • ISO9001 等
  • 倫理・リスク
    • 内部統制委員会
    • コンプライアンスヘルプライン
    • 情報の適時開示体制
    • 情報セキュリティ委員会 等