マクセルグループは「和協一致、仕事に魂を打ち込み、社会に奉仕したい」という創業の精神のもと、「強みを活かした社会課題解決への"挑戦"」であるCSV(※1)経営と、「自らが環境・社会に及ぼす影響への"責任"」であるCSR(※2)活動の両面から、持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。

注記※1:CSV Creating Shared Value(共通価値の創造)
  ※2:CSR Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)

SDGsへの貢献

「SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)」とは、2015年9月の「国連持続可能な開発サミット」において193の国連加盟国による全会一致で採択された2030年までに地球規模で解決すべき17の目標と169のターゲットのことであり、世界各国の政府はこの目標に合意しています。また、SDGsを達成するうえで、全産業の企業は重要なパートナーとして位置付けられ、持続可能な開発目標の解決に向けた積極的な行動が求められています。マクセルグループは提供する製品やサービス、CSR活動を通じて、SDGsの目標達成に貢献していきます。