トップページ >  個人のお客様向け製品 >  データ用DVD-R一覧 >  DVD-R (1〜16倍速高速対応) >  「DVDの使い方について」よくあるご質問

「DVDの使い方について」よくあるご質問

DVDの種類により使用できる機器が異なるのですか

DVDレコーダーやDVDドライブの機器の種類によって、ご使用できる記録型DVDの種類が制限されます。
特にDVD-RAMとDVD-RW、DVD-RWとDVD+RWはどちらかしかご使用できない機器が多いので注意する必要があります(最近はすべての記録型DVDが使用できる機器も販売されています)。また、DVD-Rはご使用可能な機器でも、CPRM対応DVD-Rはご使用できない機器もあります。また、片面2層タイプのDVDは記録に対応した機器が必要です。この点に関しましては、機器の取扱説明書に対応しているDVDの種類が明記されていますので、こちらをご確認ください。

CPRMとは何ですか

CPRM(Content Protection for Recordable Media)とは、デジタル放送の「1回のみ録画可」である映像をDVDに録画した後に、別の記録メディアにデジタルコピーできなくする著作権保護技術になります。
デジタル放送の「1回のみ録画可」である映像は、CPRMに対応したDVDでないと録画できないようになっています。DVDレコーダーのハードディスクに記録した映像をDVDにダビングする場合は、DVDにダビングすると同時にハードディスクの映像は消去されます。このしくみは、DVDに「MKB」という鍵と、1枚ごとに異なる「メディアID」という識別情報が記録されており、これらの情報を元に映像データを暗号化して記録し、映像を再生するときには復号化しています。そのため、別のDVDにコピーしても、そのDVDの「メディアID」が異なるため正しく復号化できないため再生できないことになります。
現在のところ、録画用DVD-RAM、録画用DVD-RW、CPRM対応DVD-Rが、CPRMに対応しています。

ファイナライズとは何ですか

ファイナライズとは、主にビデオモードでDVDに録画した映像を録画した機器以外のDVDプレーヤー等の機器で再生可能にする処理になります。
ファイナライズをすると、そのDVDは追加で映像を記録することができなくなりますが、そのDVDは読み取り専用ディスクとなりますので、市販されているDVDビデオと同じように再生可能となります。

VRモードとビデオモードはどのような記録モードですか?
また、DVD+VRモードとはどのような記録モードですか?

VRモードはビデオレコーディングフォーマットになります。
VRモードは多彩な録画編集機能が特徴です。しかし、ほとんどのDVDプレーヤーでは再生することはできません(一部のVRモード再生対応機は除きます)。DVD-RAMとDVD-RWとDVD-R(機器がDVD-RのVRモード記録に対応している場合)で使用できます。ビデオモードはビデオフォーマットになります。ビデオモードはDVDビデオを作る際に使用するフォーマットで、編集はできませんが、多くのDVDプレーヤーで再生可能です。DVD-R、DVD-RWで使用できます。DVD+VRモードはDVD+RWビデオレコーディングフォーマットとなります。DVD+VRモードはVRモードとビデオモードのメリットを合わせたもので、編集が可能でDVDプレーヤーで再生可能であるフォーマットとなります。DVD+RW、DVD+Rで使用できます。

VRモードとビデオモードを1枚のディスクに混在できますか

できません。
ディスクごとに録画モードを選択する必要があります。

録画用にパソコンでデータを記録することや、データ用にDVDレコーダーやパソコンで映像を記録することは可能ですか

録画用にパソコンでデータを記録することは可能です。
データ用にDVDレコーダーやパソコンで映像を記録することに関しては、その映像がデジタル放送の「1回のみ録画可」の映像でない場合は可能です。尚、アナログ放送の映像に関しましては、著作権保護の考えより、録画用をご使用頂くことをお勧めします。

DVDレコーダーやパソコンのドライブとDVDの間に相性はありますか

弊社製DVDと固有の機器の間で相性といわれる問題は基本的にはありません。
しかし、ディスク及び機器とも、過酷な環境での使用、もしくは長期間の使用になりますと本来の性能や品質を必ずしも維持できない状態(経年劣化)となる場合はあります。
ディスクの保管・取り扱いにご注意頂くとともに、同様の不具合が頻発する場合は、機器のメンテナンスをお勧めします。

ファームウエアとは何ですか

ファームウエアとは、DVDレコーダーやパソコンのドライブに記録されているソフトウエアであり、ドライブを制御する機能を有しています。
ファームウエアの中にはメディア情報やそのメディアに最適な記録条件も登録されています。そのため、ドライブに記録メディアがセットされると、まずドライブは記録メディアの情報を確認し、その情報がファームウエアに登録されている場合は、その記録メディアに最適な記録条件でデータを記録します。そのため、ファームウエアに登録されていない記録メディアの記録条件は、ドライブが設定した条件となりますので、必ずしも最適な記録条件にはなりません。機器メーカーがファームウエアの更新ソフトウエアを公開している場合は、ファームウエアの更新をすることで性能が向上することもありますので、ファームウエアは最新版に更新することをお勧めします。

倍速ダビングで表示される倍速はどのような計算になりますか

DVDレコーダーのダビング時間で最大○○倍速ダビングとは、ハードディスクに最も長時間モードで録画した映像をDVDレコーダーが対応している最も高速対応メディアを使用してダビングしたときに要する時間と、高画質モードで録画した映像を再生しながらダビングするときに要する時間の比になります。
4.7GBのDVDに高画質モードで録画すると約1時間の映像が記録できますので、この時間が基準(1倍速)となります。そのため、高画質モードで1時間の映像(4.7GB)を8倍速対応DVDに8倍速でダビングすると、約7.5分(=60÷8)要します。再生しながらダビングすると1時間要しますので、この場合は8倍速(=1×60÷7.5)ダビングになります。最も長時間モードが8時間の場合の長時間モードで8時間の映像(4.7GB)を、8倍速対応DVDに8倍速でダビングすると、これも約7.5分要します。しかし、この場合は再生しながらダビングすると8時間要しますので、64倍速(=8×60÷7.5)でダビングしていることになります。この場合、最大64倍速ダビングとなります。尚、上記の計算は理論上の計算になりますので、実際の倍速ダビング時間の目安に関しましてはDVDレコーダーの取扱説明書をご確認ください。

DVDに高速ダビングすると画質が悪くなりますか

DVDレコーダーやパソコンでハードディスクに記録した映像をDVDに高速ダビングする場合は、ハードディスクに記録しているデータをそのままDVDにコピーしていることになりますので、画質の劣化は起こらないことになります。これは機器のドライブは記録するDVDの情報を確認し、そのDVDに最適な条件で記録するようになっていますので、高速記録でも問題なくダビングできるようになっています。

8x記録対応と書いているディスクは8倍の時間を録画できますか

8x記録対応等の表記と録画可能時間との間に関連性はありません。
記録型DVDの録画可能時間は転送レートにより決まります。DVDレコーダーの録画モードの切り替えはDVDレコーダーの設定により変更可能です。一般に標準(SP)モードで4.7GBのDVDに120分録画可能です。8x記録対応等の表記はハードディスクからDVDへのダビング速度であり、録画可能時間ではありません。

市販されているDVDビデオをコピーできますが

市販されているDVDビデオはコピープロテクトがされているものが多いと思われます。
そのため、コピープロテクトされているDVDビデオはコピーできません。また、そのコピープロテクトを除去してコピーすることは著作権法違反になります。

パソコンで未使用のDVD±RやDVD±RWがパソコンのプロパティで認識しないのはなぜですが

DVD±R、DVD±RWはOSがサポートしていない記録メディアになります。
そのため、パソコンのプロパティではDVD±R、DVD±RWの正しい情報が表示されないことがあります。DVD±R、DVD±RWの正しい情報を確認するためには、ライティングソフトをご使用の上、そのソフトウエアの確認方法でご確認する必要があります。尚、DVD-RAMはOSがサポートしている記録メディアになりますので、パソコンのプロパティで正しい情報を確認できます。

パソコンで未使用のDVD±RやDVD±RWにデータが記録するためにはどうすればよいですか

DVD±R、DVD±RWはOSがサポートしていない記録メディアになりますので、ライティングソフトをご使用の上、そのソフトウエアの記録方法でデータを記録する必要があります。
ライティングソフトの種類やそのご使用方法に関しましては、パソコンメーカーや機種により異なりますので、取扱説明書をご確認頂くか、パソコンメーカーにお問い合わせ頂きますようお願いします。

パソコンでCD-RやCD-RWにはデータが記録できますが、DVD-RAMにデータが記録できないのはなぜですか

WindowsXPの場合はCDの書き込みを有効にすることが可能であり、CDの書き込みを無効にしないとDVD-RAMにはデータが記録できないようになっています。
DVDドライブを右クリックし、プロパティをクリックし、書き込みタブを開くとCDの書き込みを有効にする、のチェックボックスがあります。このチェックボックスにチェックが入っているとDVD-RAMにデータを書き込むことができませんので、チェックを外してください。

パソコンのプロパティ上で片面4.7GBのDVDの容量が4.38GBと表示されるのはなぜですか

10進法では1K=1,000で計算しますが、パソコン上では2進法で都合のよい1K=1,024(1,024は2の10乗になります)で計算します。
そのため、パソコン上では10進法で表示する場合と比較して、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)となるにつれて差が大きくなります。そのため、4.7GBのDVDの容量をパソコンのプロパティで確認すると、4.377GB(=4,700,000,000÷1,024÷1,024÷1,024)となります。これは表示上の違いになりますので、プロパティのGB(あるいはMB)表示の左側に10桁のバイト表示がありますので、こちらが正しい容量になります。

インクジェットプリンターで印刷できますか

「インクジェットプリンター対応」等の記載のある記録型DVDであれば、ディスクのレーベル面に直接印刷する機能を有したプリンターをご使用することで印刷可能です。
尚、印刷設定や対応プリンターに関しましては、プリンターの取扱説明書をご確認頂くか、プリンターメーカーにお問い合わせ頂きますようお願いします。

ラベルを貼っても大丈夫ですか

ディスクにラベルや保護シートを貼ると、ディスクの反りや重心に影響して機器がディスクを認識しなくなったり、再生(読み取り)できない、再生映像にブロックノイズが入る等の不具合が発生するおそれがあります。
ディスクにラベルや保護シートは貼らないでください。

文字を書き込むことはできますか

レーベル面側のみにペン先の柔らかい油性フェルトペンで記入してください。
レーベル面側と記録面側の見分け方ですが、記録面側は無地の鏡面状態であり、レーベル面側は容量表記やメーカー名等のデザインがされています。尚、インクジェットプリンター対応ディスク(プリンタブル)タイプの場合は、水性フェルトペンでの記入も可能です。
(両面ディスクは両面とも記録面側になりますのでペン等で記入しないでください。)

プラスチックケースからディスクをうまく取り出すにはどうすればよいですか

(1)ケースの蓋を開け、ケースの両端を片方の手で支えます。
[写真(1)](2)もう片方の手でディスクの中心になるケース保持部を押します。[写真(2)](3)ケースが弓形に反るように中心部を押し下げ、ディスクからケースの保持部を外します。[写真(3)]

マクセル製品の直販サイト「マクセルオンライン」オリジナル製品もお見逃しなく!

マクセルのDiscの全てがここに!DVDやブルーレイディスクなどの基礎知識と活用TipsビジュアルエンターテイメントコーナーCMの情報など

AV/PCクリーナー

豊富な品揃えで、メディア周りをトータルサポート

この製品に関するお問い合わせ

この製品に対するお問い合わせはこちらから

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無償)